さいたま市立大戸小学校

校長室だより
 〒338-0011
 さいたま市中央区新中里1-6-28
 TEL:048−831−3796
 FAX:048−831−3589
 学校紹介  学校だより  児童の活動  学校行事  給 食
 本の森  クラブ・委員会  学校評価  いじめ防止  研 修


 校長室だより 沿革史 学校施設 アクセスマップ


わ が 校

さいたま市立大戸小学校

笑顔あふれる大戸小


校長 浅見 正史
1 長い歴史と伝統

 本校は明治6年、中里村(現在の中央区新中里)のお寺(大日堂)の部屋を借りて開校しました。昭和19年に、現在の地に創立。創立68年、開校139年を迎える長い歴史と伝統のある学校です。体育館建設時には、遺跡や土器が発掘されるなど、太古のロマンに満ちた場所にあります。
 学校がこの地に移転した時、リヤカーで運んできたという大きなヒマラヤ杉が2本あります。総合的な学習の時間を「杉の子タイム」と名付けるなど、子どもの豊かな成長を願ってぐんぐん伸びるヒマラヤ杉をシンボルツリーとしています。
 校歌は「たなばたさま」を作曲した埼玉県出身の作曲家、下総完一先生の作品で、明るい躍動感に満ちています。



2 笑顔あふれる大戸小

  本校は、北浦和駅と南与野駅のほぼ中間に位置しています。校区は住宅地域でマンションや社宅が多い。学校に対する関心・期待度も高く、協力的な地域です。
  目指す学校像を「笑顔あふれる大戸小」とし、学校・家庭・地域が手を携えて、子どもが家庭で「育ち」、学校で「学び」、地域で「守られ、磨かれる」、を基本として、豊かな人間関係を育む「共創の教育」を目指しています。

3 大戸小の教育

(1) 学校教育目標   かしこく やさしく たくましく学ぶ環境の充実
  @ めざす学校像  「笑顔あふれる 大戸小」
    ・学ぶ喜びのある学校 
    ・保護者や地域と連携し信頼される学校
    ・安全・安心できれいな学校
  A めざす児童像
    ・かしこく・・・自ら考え正しく判断できる子
    ・やさしく・・・やさしさと思いやりのある子 
    ・たくましく・・健康でたくましい子
  B めざす教師像
    ・確かな児童理解と指導力向上により、個に応じた指導ができる教師
    ・教育者としての使命感と豊かな人間性のある教師
    ・共通理解を図り、協力体制を確立し、組織的に対応できる教師

(2) 学校経営方針
  @ 社会を生き抜く力と希望をはぐくむために、子どもたちが意欲をもって学習に
    取り組めるよう、教師は指導力向上に努める。
  A 児童理解と道徳教育の充実を図り、心豊かな児童の育成に努める。
  B 安全・安心な学校づくりと危機意識の醸成に努める。
  C 保護者・地域との連携強化に努める。

(3) 本年度の重点目標
 「明るく、自ら考え、落ち着いて学習に取り組む児童の育成」
  @ 確かな学力の育成   <かしこく> 進んで勉強する子  
   ア)わかる授業の工夫と個に応じたきめ細かな指導
   イ)学習規律や学習習慣の育成
   ウ)体験的、課題解決的な学習
   エ)読書活動の充実
   オ) 校内研修の充実
  A 豊かな心の育成   <やさしく> 思いやりのある子  
   ア)コミュニケーション能力の育成
   イ)特別支援教育の充実
   ウ)心を育てる環境づくり
   エ)道徳教育の充実
   オ)生徒指導、教育相談の充実
  B 健やかな体の育成  <たくましく> がんばりぬく子  
   ア)体育授業の工夫改善と運動の日常化
   イ)体育的行事、業間運動を推進した体力向上
   ウ)運動遊びの奨励
   エ)望ましい生活習慣の定着
   オ)安全教育の推進
  C 教育環境の充実   <笑顔であいさつ きれいな学校>  
   ア)施設設備の安全管理
   イ)清掃活動の徹底
   ウ)校舎内外の美化と整理整頓
   エ)掲示物、展示物の工夫
   オ)花と緑に包まれた学校づくり
  D 地域に開かれた学校の推進   <信頼される学校>  
   ア)地域に根ざした教育の推進
   イ)家庭・地域と連携の強化
   ウ)学校評価システムの推進
   エ)土曜、放課後チャレンジスクールの実施
   オ)学校からの情報発信やボランティアの受け入れ





トップへ